産み分けって可能なの?男の子・女の子の産み分け方法!

産み分けをすることって実際に可能なのでしょうか?
切実な方もいると思います!とっておきの産み分け方法をご紹介します!

産み分けって100%可能なの?

産み分け方法はいろいろありますよね。

自分でできるいろんな方法、病院でアドバイスをもらう方法など
いろんな方法がありますが、覚えておいて欲しいのは100%ではないということです。

女の子が欲しい!と思っていても、男の子だったということもあります。
でもそういうときに本当にがっかり落ち込んでしまうと前向きに育児に取り組めないのではないでしょうか。

もし自分たちの希望する性別の赤ちゃんでなくても、前向きに捉えることができる!
という気持ちがある前提で産み分けをすることをオススメします。

産み分けは女性だけの努力だけでは難しいので、
旦那さんにも協力してもらいましょう。

協力してもらえない旦那さんの場合は、
ちゃんとお互いが納得するまで話し合うことが大事です。

産み分けの話がきっかけで、険悪なムードになってしまうと、
妊娠どころの話ではなくなってしまいます。

女の子の産み分け方法!

女の子が欲しいときの産み分けのポイントと流れをご紹介します。

まずは基礎体温をつけます。
これによって排卵のリズムをつかみ、排卵日を特定します。

男性は1週間に1度射精し、精液を薄めます。
産み分けセックス以外のときには避妊を必ずします。

排卵日が近づいてきたら、排卵日の2、3日前にセックスをします。
女の子が欲しいカップルは膣内を酸性にしなければいけないので、
女性がイク前に射精します。

男の子の産み分け方法!

男の子の産み分けも、まずは排卵日を特定することから始まります。

男の子の産み分けは、排卵日の当日にセックスをすることです。
男性は最低でも5日間は禁欲をしなければいけません。

ポイントは膣内をアルカリ性にすることです。
女性が感じることにより膣内がアルカリ性に傾きます。

最近注目されている産み分けアイテムがこちら

最近注目されているアイテムが「ハローベビーガー・ボーイ」という商品です。こちらは潤滑油になります。
日本国内で製造管理されているので安心して使えます。

使い方は簡単です。

まずは容器のキャップを引き抜き、容器を膣内に挿入します。
ピストンを押し、潤滑ゼリーを注入します。

これだけでOKなんですよ。簡単ですよね!

使い切りタイプなので、衛生面でも安心なんです。
体に無害な成分ばかり使っているところも安心です!
気になる方はチェックしてみてくださいね。

産み分け以前にしなければいけないこと

産み分けをする前に大事なことがあります。
それは妊娠しやすい体を作っておくということです。

生活が不規則だったり、食生活が乱れていたり、
ストレスが溜まっていたり、睡眠時間が短かったりすると、
産み分け以前に、妊娠しにくい体になってしまいます。

また妊娠しやすい栄養素を摂取することも大事です。
妊娠しやすい体に必須な栄養素が、葉酸です。

葉酸は、妊娠初期に特に必要と言われているのですが、
妊娠をするかもしれないという時期から摂取しておきたい
栄養素なんです。

葉酸は食物から摂るよりも、サプリで摂取する方が効率的です。

妊娠、産み分けは女性だけが頑張ってもダメです。
男性も一緒に協力し合って行きましょう!

産み分けするにあたって -子供を産むということ-

産み分けが成功しても成功しなくても、可愛い赤ちゃんが生まれてきたら嬉しいものです。
産み分けを深刻に考えてしまうと、ストレスになってしまいます。

産み分けをすることで倫理的な問題もあると、言われていますが、
いろんな意見を気にせずに、自分たちの決断に責任を持つことが大事です。

親になるということは、そういうところの意識改革から
始まっていくのかもしれませんね。

産み分けをするためには、パートナーをきちんと話し合って、
進めていきましょう!

男性も妊活した方がいい?男性不妊とは?


不妊治療というと女性が卵子の周期を調べたり、妊娠しやすいタイミングを計算してがんばるというようなイメージがある人も多いのではないでしょうか。

基本的に不妊治療は女性が中心になって行うようなイメージがあるのは確かですが、妊活をするためには女性だけでなくパートナーである男性の協力が不可欠です。

そして女性ではなく、男性に不妊の原因がある可能性もあるので、男性も積極的に妊活活動をする必要があります。

妊娠は精子と卵子が結びついて新たな命となって誕生するわけですが、男性のなにげない日常習慣のせいで精子の活動が弱ってしまう可能性があるのです。

例えば肥満体型の男性は、精子の数や精液の量が少なくなる傾向があるということは研究データとして発表されています。

また精子は熱に弱く、精巣の温度が上がってしまうと精子の元気がなくなってしまったり機能が弱くなってしまいます。
風邪などで高温が続くと子供を作る能力がなくなってしまうのは精巣の機能が弱くなってしまうことが原因になります。

このような体調不良だけではなく、日常的にサウナに頻繁に入っている人や熱いお風呂が好きな方、長風呂の習慣がある人は、知らないうちに精子が弱くなっている可能性もあるので、妊活をする時には気をつけましょう。

また喫煙や睡眠不足、ストレスの多い生活を送っていると血液の流れが悪くなってしまいます。血液の流れが悪くなってしまうと生活習慣病のリスクだけでなく、精子の活動面でも悪影響が出てきてしまい、不妊の原因になってしまう可能性があります。

妊活をする時には、女性だけでなく男性も生活習慣を見直して、身体を健康体に維持することが不妊治療にとっても重要なことになります。

精子をたくさん作って活動的にするためには、筋肉トレーニングやウォーキングなどの有酸素運動をすることが大切です。身体を動かすことで男性ホルモンを増やすことができ、精子をたくさん作れるようになるからです。

我慢できない妊娠中の体のかゆみには「ヨモギ」がおすすめ!

①私が妊娠中に特にお世話になったのが「ヨモギ」を使ったスキンケア用品とお茶です。

ヨモギと言うとその辺に生えている雑草、もしくは草もちの材料の一種といったイメージが強いと思いますが、実はヨモギは妊娠したことがある人の一部が経験する体のかゆみ「妊娠性痒疹」にもかなりの効果を発揮する薬草なのです。

②妊娠も後半期に入った7か月ごろ、私は突然体中の猛烈なかゆみに悩まされるようになってしまいました。

あわててかかりつけの産婦人科に行ったところ、妊婦さんならではの症状である「妊娠性痒疹」とのことで、後期に入るころには自然と治まるものだから心配しなくても大丈夫との診断でした。

結局その日は妊婦さんでも飲めるかゆみ止めの薬を処方してもらい、症状は治まったのですが薬を飲み切ってしまった後でも胸からお腹、太ももにかけてのひどいかゆみが続いて出ていました。

私は産婦人科でもらう薬でも、お腹の赤ちゃんのことを考えるとできれば薬には頼りたくないと思い、この症状を少しでも和らげる効果のある自然食品やスキンケア用品などがないかインターネットで調べてみることにしました。

すると、かなり多くの妊婦さんが「ヨモギ」が効くと答えられており、早速どんな商品が効果があるのか詳しく調べました。

その結果、ティーパックの「ヨモギ茶」とヨモギのエキスを100%配合した「ヨモギローション」、ヨモギの葉の成分をふんだんに配合した「ヨモギ入浴剤」を毎日欠かさず飲んだり体につけていたところ、かゆみの症状が改善され、病院にも行かずに治すことができたとの体験談が多くありました。

さっそく私は通信販売でその3アイテムを購入し使ってみることにしました。

③まず「ヨモギ茶」ですが、最初は薬膳茶ですので苦くて飲みずらいものかと思っていましたが、実際に水出しで飲んでみると香ばしい風味があり苦味などは一切ありませんでしたので、普段飲んでいる麦茶の代わりとして全く問題なくごくごく飲めました。

何より、本来は私の症状改善のために購入しましたものでしたが、主人の方がヨモギ茶を気に入ってしまい私よりも飲んでいました。

そして「ヨモギローション」ですが、お風呂上りにつけるととても気持ちがよく、体だけでなく顔にも使えるので毎晩のスキンケアに活用していました。

値段も私が購入したメーカーの物は500ml入りで1,000円程度でしたので、惜しげもなくたっぷり顔、胸、お腹、太もものケアに毎日使っていました。

最後に「ヨモギ入浴剤」ですが、こちらもお風呂に入れるとヨモギのよい香りが浴室に広がり、リラックスして入浴をすることができ、使う前と比べて良く寝られるようになりましたので、スキンケア以外の効果も実感することができました。

④ヨモギ茶、ヨモギローション、ヨモギ入浴剤を毎日続けた結果、1か月ほどであれほど悩まされていた体中のかゆみがすっかりなくなりました。

すべて自然の植物を使用した商品ですので、副作用なども一切ありません。

ローションと入浴剤の保湿効果もあり、肌も以前と比べて潤い、妊娠線もできることなく現在まで健康な肌を維持できています。

⑤私と同じように、妊婦独特の体のかゆみに悩まされている人にぜひ使っていただきたいです。

かゆみの症状が治まった後でも普段のスキンケア用品やお茶として使うことももちろんできますので、病院に行かずに治したいと考えている方はぜひこちらの3アイテムを使ってみてください。

妊活グッズとは、どんなもの


一昔前は、妊娠は自然に待つものでした。しかし晩婚化などのさまざまなライフスタイルの変化により、昨今では妊娠は計画的に行うものという考え方も増えてきました。

そんな多様な考え方によりできた言葉が、妊活。計画性を持ち、積極的に妊娠しようとする事です。ライフスタイルの改善や体調管理、不妊治療などで、そこから妊活グッズが生まれました。

妊活グッズとは妊活を頑張る人のためのサプリメントや、お守りなどの事です。妊活を応援したり、ちょっと疲れてしまった時に元気をくれたりするものです。

ストレスを癒してくれるのが、妊活グッズのメリットです

妊活は楽しい事ばかりではありません。かわいい赤ちゃんを授かるために、苦しい気持ちになる事もあるでしょう。そんな妊活を助けてくれるのが妊活グッズです。

飲むだけで体調管理を手伝ってくれたり、持っているだけで苦しい気持ちを軽減してくれる。妊娠するにはストレスをためない事も重要ですが、現代社会では、対人関係などいろいろなストレスにさらされます。

妊活グッズのメリットとは、ストレスを癒す効果があるという事です。

いろいろな妊活グッズで元気になりましょう

妊活グッズの紹介です。妊娠に冷えは大敵で、人間の体は首と名のつく部位を温めると効果的です。首筋や手首、足首を温めるネックウォーマーや靴下などがあります。

また体内に取り込むものにサプリメントがあります。葉酸な各種ビタミン、鉄分など、普段不足しがちな栄養素を手軽に、確実にとれます。

最後に縁起の良いお守りなどの妊活グッズ。持っているだけで安心できますし、見た目のかわいいものも多いので、眺めているだけで嬉しくなったり癒されます。

マカが妊活に効果的な理由

妊活を始めると、効果を高めるための手段を色々と模索します。

実際に行ったことのある人なら一度は目にしたことがあるものにマカがありますが、これは男性用の精力増強としても広く知られていますし、女性用のアンチエイジングとしてもよく利用されています。

そして、年齢が高めの人が妊娠したい時にも注目されるものであり、その効果は口コミで広がっているようです。

マカはカブや大根の仲間であり、ペルー原産の野菜です。インカ帝国時代から栽培されてきたものですので、かなりの歴史があります。
その効果でもっとも有名なのは滋養強壮であり、非常に多くの栄養素が含まれています。

滋養強壮に効く成分はアルカロイド、ステロイド、サポニン、タンニン、アントシアニンなどであり、これらが内分泌腺を刺激することにより精力を回復させることができます。

他にホルモンバランスを整える作用がありますので、これが妊娠しやすい体を作っていると考えることができます。

女性ホルモンのバランスを整える有効成分であるベンジルグルコシノレートが、乱れたホルモンバランスを上手く調整してくれます。

また、植物性エストロゲンとも呼ばれるエストロゲンに似た働きを持つ成分も含まれていますので、これらの働きを上手く利用できればホルモンの状態を正常化させて不妊を改善できる可能性があります。

マカには血流を良くする作用も見られます。

血流を改善してくれるのはアルギニンという成分であり、血管を拡張させたり血流を良くする働きがあります。
血流が良くなれば冷え性が改善されますし、子宮に多くの血液が届けられるようになることで妊娠しやすい環境が作られます。

妊活をしている時には冷え性を治すことが重要だといわれているのですが、実際に治すとなると生活習慣から整えて地道な努力が必要となるのが大半です。

しかし、妊活にはタイムリミットもありますので、そんな悠長な対策を行ってはいられないケースも多々あります。

そういう場合でも、マカを利用することで、短期間のうちにスムーズに冷え性を改善させることができますので、早く結果を出したいのなら積極的に取り入れるべきです。

妊活中は仲間ができたりして周囲の動向も気になったりしますが、仲間が続々と妊娠したりすると焦ってストレスが溜まります。
このストレスも妊娠したい時には良くありませんので、抗ストレス対策をしなければなりません。

マカはメンタル面にもプラスに働くものであり、本当に妊娠できるのだろうかというような不安を抑えてくれます。
これは理論上の働きではなくて、実際に軽減する働きがあることが確認されています。

全く関係の無いように思えるアンチエイジング作用も、実は良い作用をもたらしています。

人の細胞は年齢を重ねると共に傷がついたり働きが鈍ったりするのですが、アミノ酸の一種であるアルギニンが高濃度で含まれていますので成長ホルモンの分泌を促進させて老化を防ぐことができます。

成長ホルモンの働きが高まれば肌細胞の修復が順調に行われるようになりますので美肌効果が得られますが、それだけでなく子宮や卵巣などの機能を衰えさせないためにも重要なことです。

このように様々な働きが期待できますが、その多くは妊娠しやすい環境作りに役立っています。
体内の環境が妊娠しやすいように向かうことももちろん重要ですが、メンタル面を安定させる作用も見逃せません。

妊娠したいとがんばっている時には些細なことで傷ついたり過剰に反応してしまうのですが、そのストレスは心の状態を悪化させるだけでなく体にも影響を与えます。

ですから、メンタル面を安定させることが体の環境を安定させることにもつながりますので、体と心の両面からしっかりとケアが行える優れたものであることが分かります。

優れた作用があることはわかりましたが、利用する場合には副作用が起こらないかもチェックしておかなければなりません。
実は知っておかなければならない副作用もありますので、事前に学んでおくことが大切です。

まず第一に、人によってはホルモンバランスが崩れることがあります。

本来なら女性ホルモンのバランスが整うはずなのですが、中には逆にバランスが乱れてしまう人もいて、無排卵月経や不正出血などが引き起こされるケースがあります。

異常を感じたら使用を直ちに止めなければなりません。

これは妊活に直接影響するような副作用ですが、影響を与えない範囲の副作用では中枢神経に作用する働きが体質に合わなくて頭痛や不眠などに悩まされる人もいます。

マカは医薬品ではありませんので摂取量が厳密に決められているわけではありませんが、目安量を超えないように気をつけなければなりません。

過剰な摂取によって副作用のリスクが高まりますので、正しい用量で対策を行うようにします。
体質に合っていて問題なく利用できれば、妊活に大きな成果をもたらしてくれる可能性があります。